五輪に初のトランスジェンダー選手 制度も理解も道半ば【ひろゆき】

ひろゆきニュース

hqdefault.jpg

動画はこちら →  https://youtu.be/NylCaijk134

ひろゆきニュース
#ひろゆき #ひろゆき切り抜き #トランスジェンダー #ローレルハーバード #重量挙げ #ニュージーランド #LaurelHubbard #NZ #東京五輪 #オリンピック

Laurel Hubbard New Zealand NZ

東京オリンピック(五輪)に五輪史上初めて、男性から女性への性別変更を公表したトランスジェンダーの女子選手が出場する。五輪に女子が初めて出た1900年の第2回パリ五輪から120年が経ち、今大会で男女の出場選手数がほぼ同じに。性的少数者の出場も増えている。国際社会では自認の性を尊重し、男女以外の性を法的に認める流れがあるが、スポーツで平等や公平を実現するための模索は続いている。

男性から女性に性別を変更したことを公表しているニュージーランドのローレル・ハバード(43)は、第11日の2日、重量挙げ女子87キロ超級に出場する。出場14選手の中で自己ベストでは3番目。メダルを争う可能性が十分にある。  ハバードは国内ジュニア記録を出した男子選手だったが、性別への違和感から選手をやめた。性別適合手術を受けて、2017年ごろに女子として復帰した。世界選手権に勝ち進み、五輪にはない90キロ超級で銀メダルを獲得した。

試合に出ると批判された。他国選手団から出場資格の取り消しを求められた。女性の権利を主張するニュージーランドの団体は、「男性」が女性の機会を奪っていると批判。その背景には当時、出生届の性を自分の意思で変更できるようにする法律を巡る同国内の議論があった。

トランスジェンダー選手にネット中傷 NZ五輪委「一切容認しない」

【7月31日 AFP】ニュージーランドオリンピック委員会(NZOC)は30日、同国代表として東京五輪に出場するトランスジェンダーの重量挙げ選手ローレル・ハバード(Laurel Hubbard)に対し、ソーシャルメディアで悪質な投稿が寄せられたと明かし、同選手を守ると表明した。

 来月2日に行われる女子87キロ超級で、トランスジェンダーであることを公表した選手として史上初めて五輪に臨むハバードは、オンライン上で激しい議論の的になっている。

 現在43歳のハバードは、出生時の性別が男性で以前は男性として競技に臨んでいたが、30代で女性に性転換した。今回はトランスジェンダーのアスリートに関して国際オリンピック委員会(IOC)が定めた基準を満たし、再びエリートレベルで競技に臨むことになった。

 NZOCの広報担当を務めるアシュリー・アボット(Ashley Abbott)氏によれば、ハバードは「とりわけ大きな注目」を集めているが、東京五輪ではなるべく目立たないようにしているという。

 ソーシャルメディアでの注目は全てが好意的なものではなかったといい、アボット氏は「すさまじい数のコメントを目にしており、その多くが不適切なものだ」と語った。「われわれは組織として、自国のアスリート、あるいは全てのアスリートをSNS上の攻撃から守っていく」とし、「われわれは、ネットいじめを一切容認しない」と表明した。

 男性として成長期を過ごしたハバードには肉体的に有利な部分が多くあり、女性として生まれた選手たちに交じって出場するのは不公平だという批判の声もある。

 その一方で、同選手の出場は包括性とトランスジェンダーの権利にとっての勝利と支持する声も上がっている。

 2015年に導入されたIOCの現行規則では、トランスジェンダー女性は男性ホルモンのテストステロン値が1リットル当たり10ナノモル未満であれば、大会への出場が可能となっている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です