香港民主派の中心組織が解散 国安法で捜査受け「運営困難」【ひろゆき】

ひろゆきニュース

hqdefault.jpg

ひろゆきニュース
#ひろゆき #ひろゆき切り抜き #中国 #China #中国共産党 #中国共产党 #中國共產黨 #中国共産党中央委員会 #香港 #台湾 #民間人権陣線 #国家安全法 #国安法 #中華人民共和国国家安全法 #中华人民共和国国家安全法 #中華人民共和國國家安全法 #Hong Kong #HongKong 香港民主派の中心組織が解散 国安法で捜査受け「運営困難」 民間人権陣線(民陣)が主催した2019年6月16日の大規模デモ。民陣は約200万人が参加したと発表した=香港・湾仔で2019年6月16日午後7時16分、福岡静哉撮影  香港の民主化運動を長年にわたり主導してきた市民団体「民間人権陣線」(民陣)が15日、解散を発表した。香港当局は、反政府的な活動を取り締まる香港国家安全維持法(国安法)を2020年6月に施行して以降、民主派への弾圧を強化。民陣に対して国安法違反容疑で捜査中だと報じられていた。運動の中心組織が解散に追い込まれ、民主派の存続はさらに困難となる。

【写真特集】香港民主派の中心組織が解散

 香港では02年9月、50以上の政党や民主派団体が参加して民陣を結成した。香港が英国から中国に返還された記念日の7月1日に民主化要求デモを開催するなど、運動をけん引。「デモの街・香港」を象徴する団体だった。

 だが国安法の施行後、民陣は幹部が同法違反容疑で逮捕されるなど打撃を受けた。今年3月には香港警察が民陣を国安法違反容疑で調査しているとの報道を受け、民主党や公民党など10以上の政党や団体が民陣から脱退した。

 警察は、民陣が米国の政府系組織から資金援助を受けている疑いがあるとみているという。5月には民陣に対し、財務資料などの提出を要求。応じない場合は摘発する方針を示した。また香港警察トップの蕭澤頤氏は12日、香港紙の取材に、民陣が過去に主催した大規模集会が「国安法に違反している疑いがある」と指摘し、捜査を進めていると明らかにした。

 当局からの強い圧力に加え、国安法の施行後は警察にデモの開催を申請しても許可されなくなり、民陣は運動の継続が困難な状態に陥っていた。民陣は13日の会議で解散を決定。15日の声明で、幹部らが収監されて事務局運営が困難になっている点などを理由に挙げた。

 香港では19年6月、中国に容疑者を引き渡すことを可能にする逃亡犯条例改正案への抗議活動が本格化した。民陣は大規模デモを繰り返し主催し、抗議運動を主導。最大で約200万人が参加したと発表していた。その後、警察はデモを頻繁に禁止するようになった。民陣は今年、03年以降で初めて、返還記念日のデモ申請を断念。警察が1万人態勢で警戒に当たり、目立った抗議活動は起きなかった。【台北・岡村崇】
動画はこちら →  https://youtu.be/Q0vly63kA7Y

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です