お笑いコンビ「雨上がり決死隊」が解散を正式発表 午後8時に「アメトーク・特別編」をネット配信

Thar News 1

hqdefault.jpg

Thar News 1
お笑いコンビ「雨上がり決死隊」が解散を正式発表 午後8時に「アメトーク・特別編」をネット配信2019年からコンビでの活動を休止していた「雨上がり決死隊」が、解散することが17日、吉本興業を通じて発表された。吉本によると、同日の午後8時に蛍原徹と宮迫博之から、解散の旨を伝える動画が発表される。 【写真】手越祐也、宮迫博之&中田敦彦と3ショット「宮迫さんメッチャ痩せた」  発表文によると、蛍原は引き続き吉本所属のまま活動を続ける。同日午後8時からは、吉本興業のYouTube公式チャンネルとABEMAで、「アメトーク・特別編 雨上がり決死隊解散報告会」を配信し、2人から経緯などの報告が行われる。19年に宮迫が週刊誌のインタビューで、「テレビ復帰するなら『アメトーーク』」と語っていたが、まさかの幕切れとなった。  コンビ解散後については、宮迫は2020年に開設した公式YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」を中心に、蛍原は冠番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)などテレビを中心に活動するとみられる。  「雨上がり決死隊」は、1989年にNSC大阪7期生の宮迫と蛍原で結成。91年、ナインティナインやFUJIWARAらと共にお笑いユニット「吉本印天然素材」が作られ、お笑いとダンスを融合した斬新なスタイルで若者からの支持を得た。  92年に「雨上がり―」は「第13回ABCお笑い新人グランプリ」優秀新人賞を獲得。96年に吉本印天然素材を脱退した。コンビの名を確固たるものにしたは2003年。コンビで全国初の冠番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)がスタートし、2人でひな壇を操るMCとしての地位を築いた。  2018年にはコンビ30周年を迎えていた。ただ、19年に宮迫の闇営業問題と金銭授受に関する虚偽報告が発覚。吉本から宮迫へ契約解消を通告され、コンビは活動休止状態になっていた。これまで別々の道を歩んでいたが、今年ついにコンビ32年の歴史に幕を下ろした。  ◆宮迫 博之(みやさこ・ひろゆき) 1970年3月31日、大阪市生まれ。51歳。NSC(吉本総合芸能学院)の同期・蛍原徹と89年「雨上がり決死隊」結成。ABCお笑い新人グランプリなど多数の新人賞獲得。98年に一般女性と結婚し、2001年に長男を授かる。役者としても活動し、2003年に「13階段」「蛇イチゴ」の演技で報知映画賞助演男優賞。12年早期胃がんのため休養。17年、週刊誌の不倫疑惑に「オフホワイトです」と答え世間を騒がせた。  ◆蛍原 徹(ほとはら・とおる) 1968年1月8日、大阪府門真市生まれ。53歳。88年にNSC大阪校7期生として入学。89年に同期の宮迫博之とお笑いコンビ「雨上がり決死隊」を結成。04年に一般女性と結婚。12年に長女、17年に次女を授かる。テレビ朝日系「アメトーーク!」やTBS系「炎の体育会TV」など多数出演。166センチ。A型。
動画はこちら →  https://youtu.be/HloEt2owoBg

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です